個人情報保護方針

トップページ > 個人情報保護方針

公益社団法人 大阪府看護協会 個人情報保護方針

個人情報保護に関する看護協会の方針

公益社団法人大阪府看護協会(以下「看護協会」という)は、昭和22年に保健師、助産師、看護師及び准看護師の有資格者による職能団体として設立された公益社団法人日本看護協会の大阪府支部として設立され、平成5年に社団法人として認可された団体であり、看護職の職業倫理の向上と、看護に関する専門的教育及び学術の研究に努めるなど、府民の健康と福祉の増進に寄与することを目的として活動しています。看護協会は、社会的責任である個人情報保護を正しく遂行するため、個人情報保護に関する看護協会の方針を示します。

個人情報

個人情報とは、個人に関する情報であり、その情報を構成する「氏名」,「住所」,「電話番号」,「メールアドレス」,「生年月日」及びその他の情報で、特定の個人を識別できる情報を言う。ここでいう個人とは、次に掲げる者を指す。

  • (1)会員及びナースセンター利用者(NCCS登録者)
  • (2)看護協会事業の協力者及び参加者(講師、委員、受講者等)
  • (3)看護協会の役職員及び派遣職員
  • 個人情報の収集及び利用
    看護協会は、事業推進のために個人情報を収集し、収集時に通知した利用目的の範囲内でのみ利用する。
    個人情報の収集及び利用
    看護協会は、事業推進のために個人情報を収集し、収集時に通知した利用目的の範囲内でのみ利用する。
    個人情報の適正管理
    看護協会は、紛失、破壊、改ざん、漏えい、不正アクセス、その他の安全管理を図るため、必要かつ適切な対策を講じて、個人情報を適正に管理する。
    個人情報保護に関する
    関係法令の遵守
    看護協会は、個人情報保護法等関係法令及びガイドラインを遵守し、個人情報保護規程を制定して個人情報の保護に取り組む。
    個人情報の預託
    看護協会は、個人情報を外部に預託することがある。個人情報を預託する場合は、 適正な取り扱いを確保するために契約を締結し、実施状況の点検などを行う。
    個人情報の開示、
    訂正又は削除
    看護協会は、個人情報の主体(本人)及びその代理人から、個人情報の開示、訂正又は削除を求められた場合は、遅滞なくこれに応じる。 看護協会は、本人の承諾を得ないで個人情報を第三者に開示しない。
    個人情報保護の
    維持及び改善
    看護協会は、個人情報の適正な取り扱いが行われるよう、役職員に対して、継続的に教育を実施するとともに、個人情報保護の取り組みを見直し改善する。

    平成18年4月1日制定
    公益社団法人 大阪府看護協会

    看護協会についてCONTENTS