ある時広場へようこそ!

トップページ > 看護職の方へ > ある時広場へようこそ!

地域包括ケアシステムが進む中、住み慣れた地域で自分らしい生活を最後まで続けることができるように地域内での体制づくりが求められています。

「入院中はもちろんのこと地域に帰ってからも患者自身が自分の価値観を認識し、今後の人生をどう生きたいのか主体的に考えるプロセスをサポートしたい。」そう願う看護職に様々な場面の経験を共有していただけるように、大阪府看護協会は『ACPアプローチある時広場』をオープンしました。
生き生きとその人らしく生き抜くための意思決定をチームで支援出来るように、サポート事例を通してACP支援について共に学び実践し報告検討し合いましょう。

事例集はこちら
みなさんの事例を掲載します
〇ご応募いただいた事例より、好事例を検討して掲載いたします。
事例の応募はこちら(入力フォーム)

※自施設での事例検討にご活用ください。

ACPを学びたい人へ

ACP支援マニュアルのご案内
マニュアル(冊子)販売については詳細決定後掲載いたします。

看護協会についてCONTENTS