病院と在宅医療を担う訪問看護ステーション・福祉関係施設の相互研修

トップページ > 看護職の方へ > 病院と在宅医療を担う訪問看護ステーション・福祉関係施設の相互研修

 

「病院と在宅医療を担う訪問看護ステーション・福祉関係施設の相互研修」
ステップT・ステップUのご案内

研修目的
地域包括ケアシステムの構築に向け、「病院完結型」の医療から地域全体で治し支える「地域完結型」の医療への転換が進む中、入院患者が安心・安全に住み慣れた地域での生活に移行するためには、病院から地域へ途切れることのないチームケアの提供体制を整備することが急務である。そのために病院に勤務する看護職員と地域での療養を担う場の看護職員が各々の役割を理解し、他の職種と連携をとりながら、治療の場から暮らしの場へスムーズに移行するために必要なマネジメントの視点と看護の提供について相互に学ぶ。
1)お互いの役割を理解する
2)地域での療養をマネジメントする視点を学ぶ
3)地域への移行期の退院調整に必要な支援・調整方法を学ぶ 
    
    
開催日
【ステップT】
全3日間(講義2日間、見学実習1日間)
講義 平成30年10月20日(土)、11月24日(土)
実習 平成30年10月22日(月)〜11月7日(水)の期間中1日間
【ステップU】
全4日間(見学実習3日間、講義1日間) 
実習 平成30年11月26日(月)〜12月13日(木)の期間中3日間
講義 平成30年12月15日(土)
場 所
公益社団法人 大阪府看護協会 ナーシングアート大阪
実習協力訪問看護ステーション、実習協力福祉関係施設、実習協力病院
定 員
【ステップT】 120名
【ステップU】 15名
受講料
【ステップT】 4,800円(実習などの交通費は自己負担)
【ステップU】 1,600円(実習などの交通費は自己負担)
その他
この研修に係る修了証は発行いたしません
申込方法
下記の申込書に必要事項を記入の上、返信用封筒(長3号サイズ・宛先明記・92円切手貼付)を同封して下記宛に郵送してください。
申込書と返信用封筒はステップT、ステップUそれぞれに1通ずつ必要です。
施設で2名以上申込がある場合は、必ず優先順位を記入してください。返信用封筒は、1名につき1枚必要です。
お申し込み・
お問い合せ先
〒536-0014 大阪市城東区鴫野西2-5-25
公益社団法人大阪府看護協会
TEL:06-6964-5550

看護協会についてCONTENTS